RSS取得

2007年09月30日

頭のよい子が育つ!

09/27 18:06
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/87042/

 最近、有名私立中学の受験に成功した生徒の自宅をモデルにした「頭のよい子が育つ家」が、戸建て住宅やマンションとして全国で商品化され、注目を集めている。間仕切りを極力なくし、家族がお互いの気配を感じながら生活できる「究極の1LDK」がコンセプトとか。いったい、どんな仕掛けなのか−。

 大阪府南部の河南町に開発された分譲住宅「スカイフォレストさくら坂」のモデルルーム。

 キッチンに立つと、吹き抜けのリビングを通して2階まで見渡せる。リビングの壁には落書きができる大きなガラス板、ダイニングテーブルの後ろには、子供たちの作品や家族の写真を飾るギャラリーも。2階の子供部屋に扉はなく、廊下と部屋を仕切る壁にはガラス窓。「家族の気配が家中のどこからでも感じられる空間になっています」と、販売を担当するフジ住宅(大阪府岸和田市)の担当者は説明する。

 受験生は子供部屋にこもって黙々と難問に取り組み、家族は息を潜めて生活…。そんな固定観念を覆したのが、慶應義塾大発のベンチャー企業で住まいの総合コンサルタンティングを行う「エコスコーポレーション」(横浜市)の調査だ。

 関東の有名私立中学に合格した子供の家庭約200軒を訪問調査したところ、子供たちは勉強部屋があっても、リビングなどの開放的な空間で家族の気配を感じながら勉強していた。ちゃぶ台を持ち歩き、家の中であちこち場所を変え、気に入った場所で勉強する。

 6年がかりで調査したエコス社の四十万(しじま)靖社長(48)は「キーワードは家族のだんらん、コミュニケーションなんです」と説明する。「頭のよい子が育つ家」(日経BP)、「頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか」(主婦と生活社)の著書もある四十万社長によると、「最近の入試は、子供の考えや、答えを導き出した理由を書かせるような記述問題が多くなった」という。

 そのためには「自分の意見を言えて、きちんと人に伝えられる、また人の意見をきちんと聞く力が必要。それを培うのは普段の生活での家族との濃密なコミュニケーションなんです」。行き着いたのが「サザエさん」や映画「ALWAYS三丁目の夕日」に出てくるようなだんらんのある「あたたかい」家だった。

 エコス社は昨年11月、設計、営業ができるライセンスパートナー制度をスタートさせ、現在、秋田から沖縄まで15の工務店が契約。埼玉や九州などにはマンションも建設されている。

 「もう家はあるから」という人もがっかりする必要はない。四十万社長は、子供部屋を孤立させない▽本棚に親子の本を一緒に入れるなど、子供と家族の記憶に残る空間を演出▽黒板を置くなど、『書く』コミュニケーションを実現▽お母さんのスペースをぜいたくに▽おやじの背中を見せる−などの工夫で、「頭のよい子が育つ家」に変身させられるという。

 「大事なのは家の作りではなく、いかにコミュニケーションをとるか。それが考える力の『原点』になるんです」。お宅も、いかがですか?

posted by あゆた at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。