RSS取得

2007年07月01日

1日に3.7人がHIVに感染、あなたは知っていますか

http://redribbon.yahoo.co.jp/

平成18年のHIV感染者とエイズ患者の報告は、それぞれ過去最高となりました。また、平成16年から患者・感染者を合わせると1,000人を超える状況が続いています。日本国籍男性の増加が引き続き顕著であり報告数は過去最高となっています。保健所で検査を受ける人や相談をする人も増加しています。



1 )HIVの感染経路を、3つ知っている?

1.性的接触(セックス)による感染
2.血液による感染
3.母子感染
HIVの主な感染源は血液・精液・膣分泌液です。

2 )HIV感染とエイズは、同じこと?

HIVに感染=エイズではありません。
HIVに感染しても、治療などで進行を抑えれば、“必ずエイズが発病する”とは限りません。
エイズが発症するのは、HIV感染の最終段階です。

3 )HIV感染しても、すぐにはエイズにならない?

HIVに感染しても、一般的に数年間は、あまり症状のない状態(無症候期)が続きます。
HIV感染からエイズ発症まで、平均して約10年ですが、15年以上発病しない場合もあります。

4 )HIV感染の有無は、早期に発見した方が良い?

早期発見によって、エイズの発病を遅らせることが可能です。
早期から適切な治療を続ければ、長い間、発病を抑えることができます。

5 )HIVに感染していると、外見でわかる?

感染しているかどうか、外見上はまったく判断できません。
感染者自身も、自覚症状のない状態が長く続きます。

6 )HIVに有効なワクチンがある?

現在のところ、HIV感染そのものを予防するワクチンは実用化されていません。
世界中で、日夜研究が続けられていますが、まだ当分の間は、自分自身で感染を防ぐしかありません。

7 )HIV感染原因の1位はセックス?

感染原因の約8割が、セックスによるものとされています。
これまでの研究で、HIVがもっとも多く含まれているのは、血液、精液、膣分泌液の順で高くなっています。

8 )献血で感染することがある?

日本での採血用の注射器や針は、使い捨てのものを使用しているので、その心配はありません。

9 )献血でエイズの検査をしてもらえる?

採血した血液は、HIV抗体検査や遺伝子検査を行いますが、たとえ陽性でも、結果は本人に通知されません。
検査目的の献血はしないようにしてください。

10)母親がHIV感染者だと、赤ちゃんに感染することがある?

母親の胎内で、また、出産時、母乳を通しての感染も報告されています。現在では、予防的治療や処置によって、母子感染を極力抑えることが可能です。

11)HIV感染者と同じ職場にいると、感染する?

HIVは、通常の社会的接触では、感染しないことがはっきりしています。
空気感染や、クシャミなどによる飛沫感染も、ありません。
ただ、HIV感染に限らず、他人の血液に触れる場合は気をつけましょう。

12)蚊やダニからHIVに感染する?

蚊やダニ、その他の人間の血を吸う虫からは感染しません。
蚊やダニが吸った血を人間の体に注入することはありません。
もし、あったとしても、極めて微量なので、感染する量ではありません。

13)HIVは感染力が弱いので、1回のセックスでは感染しない?

他の性感染症の原因微生物に比較して、確かにHIVの感染力は弱いですが、たった1度のセックスでの感染も報告されています。

14)体外射精なら、HIVには感染しない?

体液が出るのは、射精の時だけではありません。
セックスのはじめから、コンドームを正しく使わなければ予防にはなりません。

15)コンドームを使えば、100%感染しない?

100%安全というわけではありません。
しかし、最初から最後まで、コンドームを正しく使うことが重要です。

16)コンドームを二重にして使えば安心?

コンドームを重ねて使ったり、男性用、女性用を併用すると破れやすくなります。
これは、正しい使い方ではありません。

17)クラミジアや淋病などに感染していると、HIVに感染しやすい?

クラミジアや淋病など他の性感染症によって、性器の粘膜が傷ついていると、HIVに感染しやすい状態になります。

18)避妊用にピルを使っているから、HIVにも感染しない?

避妊とHIV感染とは全く別のことです。
精液や膣分泌液から、お互いを守るのはコンドームだけです。
避妊だけではなく、エイズを含む多くの性感染症に感染する危険性が減少します。
ピルでは、予防はできません。

posted by あゆた at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。