RSS取得

2007年05月03日

スポーツ特待制度 新たに済美など50校超申告 初めて軟式も 特待生調査

新たに済美など50校超申告 初めて軟式も 特待生調査

http://www.asahi.com/sports/update/0501/OSK200705010055.html?ref=rss

2007年05月01日23時06分asahi.com

日本高校野球連盟は1日、日本学生野球憲章で禁じられている「野球部員であることを理由としたスポーツ特待生制度」を設けているとして、新たに50校を超える加盟校から申告があったと明らかにした。このうち昨夏の全国高校軟式選手権大会で優勝した作新学院(栃木)など3校は、硬式、軟式野球部の両方に特待生制度を受けている部員がいると申し出た。今回の調査で、軟式の申告は初めて。

 また、愛媛県高野連は04年夏の第86回全国選手権大会準優勝校の済美など5校から申告があったと公表した。

 99年の第81回全国選手権優勝校の桐生第一(群馬)や、今春の選抜大会に出た市川(兵庫)のほか、東洋大姫路(兵庫)、函館大有斗(北海道)などは春の大会出場辞退を申し出た。

 特待生制度に関する調査への申告は2日に締め切られる。日本高野連では同日の常任理事会後、憲章違反があった校名や都道府県別の該当選手数などを発表する予定。

 日本高野連などが申告を受けて、1日に公表した高校は次の通り。

 【岩手】盛岡大付、岩手、水沢一【山形】新庄東、山形学院【栃木】矢板中央、青藍泰斗、佐野日大、足利工大付、○文星芸大付、○作新学院、○白鴎大足利【埼玉】聖望学園、武南、秀明英光、本庄一、埼玉平成、春日部共栄、国際学院、正智深谷、浦和実【長野】武蔵工大二【山梨】富士学苑【富山】新川、不二越工、富山第一、富山国際大付、高岡向陵、高岡龍谷、高岡第一【京都】南京都、京都成章【大阪】此花学院【兵庫】市川、東洋大姫路、神戸国際大付、神港学園【和歌山】高野山【広島】崇徳、呉港【香川】英明、香川西、高松中央、寒川、尽誠学園、藤井【愛媛】帝京五、済美、松山城南、新田、日本ウェルネス【大分】楊志館、日本文理大付、大分、明豊、柳ケ浦、藤蔭(○は軟式と両方)


posted by あゆた at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。