RSS取得

2007年05月03日

スポーツ特待制度 有名校の名前、続々=歴代優勝校、名選手の母校−野球特待制度実施

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000159-jij-spo

5月2日21時1分配信 時事通信

日本高野連や都道府県高野連に対し、日本学生野球憲章に抵触する特待制度の実施を申告した高校は、2日の段階で300校を超えた。高校野球史にその名を刻んできた名門校、強豪校の名前が続々と出てきた。
 米大リーグ、レッドソックス・松坂の母校で、春夏合わせて甲子園優勝5度を誇る横浜(神奈川)、マリナーズ・イチローや横浜・工藤の出身校である愛工大名電(愛知)、ヤンキース・松井秀が通った星稜(石川)、巨人・原監督が卒業した東海大相模(神奈川)…。幾多の名選手を輩出した有名校の名前が並ぶ。
 横浜、東海大相模以外でも、夏の優勝校は2004、05年の連覇が記憶に新しい駒大苫小牧(北海道)、帝京(東京)、平安(京都)、桐生第一(群馬)、桐蔭学園(神奈川)、東洋大姫路と育英(ともに兵庫)、作新学院(栃木)、中京大中京(愛知)、西日本短大付(福岡)。
 春の優勝校では横浜、東海大相模、帝京、作新学院、中京大中京のほか、今年の大会を制した常葉菊川(静岡)、岩倉(東京)、東邦(愛知)、愛工大名電、三重、崇徳(広島)、済美(愛媛)、沖縄尚学、鹿児島実の名前がある。今年準優勝の大垣日大(岐阜)も違反を申告した。 

posted by あゆた at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。