RSS取得

2007年01月15日

キムタク「華麗なる一族」、ダントツの初回視聴率

1月15日16時16分配信 オリコンより

 木村拓哉主演、山崎豊子原作のTBS開局55周年記念ドラマ『華麗なる一族』の初回が1月14日にオンエアされ、その視聴率が27.7%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を記録。2007年冬の新ドラマでダントツのトップとなる初回視聴率を獲得したことがわかった( 初回視聴率ランキング表はこちら )。

 今クールの新ドラマ初回視聴率ではこれまで、井上真央、松本潤主演の『花より男子2』(1月5日放送)が19.4%、またNHK『風林火山』(1月7日放送)が21.0%と高視聴率をマークしていたが、それを大幅に超える数字を『華麗なる一族』がたたき出した。
 ちなみに前クール(2006年秋)の新ドラマ初回視聴率トップは、『Dr.コトー診療所2006』(10月12日放送)の23.2%。今回の『華麗なる一族』の30%に迫る数字は、連ドラひさびさの大ヒット。この先の展開次第では大台の突破も期待できるかもしれない。

 『華麗なる一族』は、1973年に原作が発表され、これまでに映画化、ドラマ化されており、今回が33年ぶりのドラマ化となる作品。山崎豊子の原作ということと共に、木村拓哉の主演のほか、北大路欣也、武田鉄矢、津川雅彦、西田敏行、柳葉敏郎など周辺を固める豪華実力派キャスト、相武紗季、長谷川京子、稲森いずみ、山田優など注目の女優陣の出演も話題を集めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070115-00000010-oric-ent&kz=ent



業界ランク第10位の阪神銀行頭取、万俵大介は、都市銀行再編の動きを前にして、上位銀行への吸収合併を阻止するため必死である。長女一子の夫である大蔵省主計局次長を通じ、上位銀行の経営内容を極秘裏に入手、小が大を喰う企みを画策するが、その裏で、阪神特殊鋼の専務である長男鉄平からの融資依頼をなぜか冷たく拒否する。不気味で巨大な権力機構「銀行」を徹底的に取材した力作。







サッカー☆毎週当たる!メルマガプレゼント★

サッカーホットペッパー

サッカー★2006冬 注目の新築分譲マンション特集★

サッカーケイコとマナブ.net

サッカー社会人&学生のための大学・大学院

サッカー通信講座SELECT STORE

サッカー新聞代を大幅節約! 「産経ネットビュー」なら月315円から

サッカー●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険

サッカー株式会社リクルートエージェント

サッカー楽天仕事市場

サッカー【JTBの海外ツアー】全世界5万コース以上!

サッカーSmatch!住まいの達人ブログ





posted by あゆた at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。