RSS取得

2006年12月31日

家飲み焼酎の定番を探す

dancyuより



海の黒に、蔵の黒。二つの黒が醸し出す「吉兆雲海」

芋100%の旨さがしみる。つきじ植むら「一刻者」評判記

伝統の手技が醸す深み。黒麹甕仕込み「貴匠蔵」

家で飲むなら、薩摩が一番。甘露にしてソフト。「薩摩一」

清酒蔵が醸す甘い酔い心地。「魔界への誘い」「舞ここち」

伝統と革新。「蔵の神」は、新しき蔵人の志が醸す酒

温故知新を貫く酒造り。古式甕仕込み「鉄幹」「蛮酒の杯」

蔵に眠る甕は実に5000本。造り手の思いが宿る「導師」

宮崎の芋の決定版。90年の伝統「霧島」「黒霧島」

甕壺が醸す深いニュアンス。「田苑 麦 黒麹(甕壺貯蔵)」

麦は、個性を楽しむ時代。そこに「つくし」の美味がある

心を癒す美しき余韻。伸びやかなる「吾空」 「尽空」
JAL国際線エグゼクティブクラス全路線で採用されている吾空を始め、「吾空、是空、皆空」で知られる喜多屋の空(くう)シリーズ。その中で年に一度だけ特約店のみに出荷される尽空(じんくう)。

上質なる時の贅沢。琥珀色の美酒「時の超越」

料理を生かす軽快な味わい。人吉の恵み「白岳 しろ」

ロック、水割り、そして燗…。香りとキレが際だつ「菊之露」

毎日に泡盛の本格を。涼澄美酒「久米島の久米仙」


☆毎週当たる!メルマガプレゼント★

ニンテンドーDSでも! 公衆無線LANサービス


ADSL学割キャンペーン

ドコイク?日本最大級ローカルサーチ

ブログランキングranQ



posted by あゆた at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。