RSS取得

2008年12月13日

トヨタ、下期は赤字転落

12月13日10時38分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000515-san-ind

 トヨタ自動車が、平成21年3月期の連結業績予想を再度下方修正する方向で調整していることが13日、わかった。下期(10−3月)の営業損益は1000億円規模の赤字に転落する見通し。半期ベースの営業赤字は米国会計基準を導入した11年以降で初めて。金融危機に伴う景気悪化で新車販売台数は世界的に落ち込んでいるほか、1ドル=90円を突破する急激な円高も利益を圧迫する。

 トヨタは11月の中間決算発表時に通期の連結業績予想を大幅に下方修正。営業利益は従来予想を1兆円も下回る6000億円(前年同期比73・6%減)となる見通しを示し、市場では「トヨタ・ショック」と呼ばれた。

 トヨタの上期の連結営業利益が5820億円。もともと下期の営業利益はわずか180億円にとどまる見通しだったが、これがすべて吹き飛ぶ形だ。

 金融危機以降、トヨタが「ドル箱」にしてきた米新車市場の落ち込みが止まらない。これまで競争力の高かった日本車も販売減を余儀なくされており、トヨタの11月の米新車販売台数は前年同月比34%減の13万307台となった。また、中国やロシアなど新興国市場も減速が著しい。

 追い打ちをかけたのが急激な円高ドル安。トヨタは下期の想定レートを1ドル=100円とみていたが、実際は90円台前半で推移している。海外販売の多いトヨタは為替感応度も高く、対ドルで1円、円高が進むと営業利益は年間で400億円減少する。仮に年度末までの3カ月間1ドル=90円の円高水準が続けば、それだけで営業利益が1000億円減少する計算だ。

【関連記事】
・ GM破綻の瀬戸際、円急騰一時88円 負の連鎖「麻生丸」も正念場だ
・ 自動車関連税 環境車購入促進で税免除も
・ ケーヒン、トヨタにも部品 ホンダ以外の取引、2〜3割目指す
・ 景気底入れにらみ小型車シフト加速 トヨタ「iQ」米市場投入
・ 子供の未来 雇用は守れるか

USENが提供する音楽ダウンロードサービス、まずは無料試聴を。

【OnGen USEN MUSIC SERVER】


アイディーオー証券

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

伊藤忠グループのFXプライム

子宮筋腫?乳がん?異常分娩?あなたが心配な病気はどれ?

シティバンクシンガポール口座開設


証券会社 手数料一覧


底値銘柄を一発で検索


株式常勝軍団メンバー募集!


メルトレなら情報に乗り遅れる心配はありません

まずはお試し2週間


No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券


インターネット取引するならマネックス証券




マネックスFX


※ひまわり証券でシステムトレード


オンライン口座開設


注目銘柄アラートメールで最新情報を見逃さない


あなたにも可能性があります。10〜20年!一生もの!1日5分!楽々投資家生活への道!はこちら!


月2万円でプロのトレーダーに!


1億稼いだ投資家のアナリストレポート読み放題!


検証できる【株ソフト】を無料で体験


選ばれるにはワケがある!!

業界最大級の顧客数を誇るデイトレードマスターはコチラです








ラベル:トヨタ 赤字 円高
posted by あゆた at 15:37| 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。