RSS取得

2008年11月29日

コンシェルジュ付きの超富裕層向けケータイ電話「ヴァーチュ」とは

11月29日16時0分配信 MONEYzine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081129-00000000-sh_mon-bus_all

 27日、携帯電話端末メーカー世界最大手のノキア(フィンランド)は、日本国内での通信事業者向け端末販売を打ち切ると発表したが、09年からスタートする予定の富裕層向け高級ブランド「ヴァーチュ」は計画通り、ドコモの通信回線を借り受けて展開する。

 日本国内ではすでに携帯電話の普及が飽和状態に近づいており、利益幅が大きい富裕層向けの需要を取り込むことに集中する。しかし富裕層向けの携帯電話とはいったいどういったものなのだろうか。

 ノキアの高級携帯電話ブランド「ヴァーチュ」は、2002年に富裕層向けの高級携帯電話ブランドとして展開を開始し、現在欧州のほか、アジアや中東、アメリカ諸国で展開している。一番の特徴は、電話機端の価格だ。国内メーカーの携帯電話は平均2万円前後で販売されているが、ヴァーチュの場合、ダイヤモンドなどの宝石やプラチナ、金などをちりばめた豪華なデザインを採用しており、価格は数十万円から数百万円にも及ぶ。日本で発売する予定の「VERTU Signature」は、ステンレス(160万円)、イエローゴールド(450万円)、ホワイトゴールド(500万円)の3タイプだ。

 サラリーマンの平均年収が約430万円ともいわれるなか、破格の価格設定だが、ヴァーチュの携帯電話端末には必ずコンシェルジュボタンが配置されており、ユーザーはボタンを押すだけで専用のコンシェルジュに電話がつながり、24時間体制でさまざまなサービスを受けることができる。たとえば欲しい靴があれば、たとえそれが入手困難でもコンシェルジュに依頼すれば、コンシェルジュが世界中に連絡を取り、自宅まで届けてくれるのだ。また旅行に行きたければ、要望を伝えることで、自分の代わりに目的地の設定や航空券、ホテルの予約まで旅行に必要なすべての準備を請け負ってくれるという。

 何とも贅沢なサービスだが、この金融危機の中、携帯電話に何百万円ものお金をかけることができる人は、米国に次いで世界2位の富裕層人口を持つといわれる日本でもごく一部の超富裕層に限られそうだ。

【関連記事】
・ 日本の富裕層ビジネスの真実格差拡大の影で増え続ける「お金持ちたち」
・ 現代における「天国」と「地獄」 到来した格差社会
・ 「デフレ」で世界から金利が消える日
・ 【金融ギョーカイ裏話】 さすがの年収100億円部長もこの金融危機には・・・

月額315円でネットショップ開店・運営!

ファーストサーバのレンタルサーバー・アフィリエイトプログラム

セコムの不正侵入検知防御のセキュリティで安全。今なら初期費用無料!

あなたのホームページを売れるネットショップにする

ネットショップデザインならおまかせ!MakeShopオリジナルデザインプラン

【ラピッドサイト】無料トライアルに応募してプレゼントをGET!

携帯サイト簡単構築,アクセス解析ツール付き【レンタルサーバー CPI】

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

【資格不問!】CPIレンタルサーバー販売代理店募集中






posted by あゆた at 18:29| 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。