RSS取得

2008年11月17日

週明けの金融市場、見通し分かれる…具体策先送りで

11月16日23時50分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000045-yom-bus_all

 金融サミットでは危機回避に向けた各国の協調体制が確認された。ただ、具体策が先送りされたことで市場関係者の評価は分かれており、週明けの各国の金融市場の反応が注目される。

 週明け17日の円相場について、市場では「協調体制をアピールできたことで、短期的なドルの失望売りはなくなった」との見方が多い。しかし、「オバマ次期米大統領が参加しておらず、米国の出方が読み切れないことも大きい」(みずほコーポレート銀行の福井真樹氏)と、合意内容の具体化を疑問視する声もある。実体経済の回復が依然として見通せないため、中長期的には不安定な相場展開を予測する向きも多い。

 一方、株式市場でも「予想通りでマーケットは反応しにくい。日経平均株価は当面、8500円台を挟んだ神経質な動きが続く」(立花証券の平野憲一氏)との受け止め方が大勢だ。


ラベル:金融
posted by あゆた at 08:16| 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。