RSS取得

2008年11月17日

日比谷公園で農イベント「土と平和の祭典」−ライブやトークショーも

10月16日14時13分配信 銀座経済新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081016-00000000-hsk_gz-l13

 日比谷公園で10月19日、「農的幸福=土と平和」をキーワードに2007年からスタートした「農」イベント「種まき大作戦2008 土と平和の祭典」が開催される。

 同イベント実行委員長で半農半歌手を掲げるYae(藤本八恵)さんは歌手・加藤登紀子さんと故人・藤本敏夫さんの二女。千葉県鴨川で自ら「農」を実践しながら歌手としても活躍し、日本の農山漁村をめぐり歌とともにメッセージを伝え歩く「種まきライブツアー」も行う。今年2回目となる同イベントには、「土の上に生きることの幸せを伝えたい。今年も大地に感謝する素晴らしい祭りとして、盛り上げていく」とコメントを寄せる。

 イベント内容は、噴水広場で展開する全国から集まった農家のこだわり野菜や加工品、食だけではない農業(ファッション、コットン、エネルギー作物)製品、フェアトレード製品を販売する「農家市場」(10時〜16時)や、特設ソーラーパワートラックステージでのYaeさんによるオーガナイズ音楽祭「種まきライブ」(11時〜16時)など。同ライブでは、加藤登紀子さんや奄美諸島で歌い継がれてきた「シマウタ」の第一人者・朝崎郁恵さん、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、フルートからなるライブバンド・FUNKISTなどが出演、収穫を祝い自由なステージを繰り広げる。

 小音楽堂で行なわれる「土と平和のトークステージ」(11時25分〜14時45分)では、文化人類学者で「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人の辻信一さんがオープニングトークに登壇。その後、農的人生を送るゲストたちによる「半農半Xの種を播く」「有機農業の未来」「農的幸福論」をテーマにした3部構成のトークショーを展開する。

 そのほか、にれのき広場では「大地の恵み、自然のおいしさをいただきましょう!」と呼びかけ、地産地消やフードマイレージ、フェアトレードな食材が楽しめる「種まき食堂&酒場」(10時〜16時)も開催。

 同イベント実行委員会事務局長の神澤さんは「これは『農』のイベント。ここに来れば、日本の今の『農』そしてこれからの『農』を知ることができる。ご家族やお友だちとぜひご一緒に参加いただければ」と話す。

 開催時間は10時〜16時。入場料無料。

【関連記事】
種まき大作戦
日比谷公園の中心で愛を叫ぶ−「愛妻の日」で日比谷花壇がイベント(銀座経済新聞)
日比谷公園で初のイルミネーションイベント−日本一高いツリーも(銀座経済新聞)
六本木ヒルズを背景に稲刈り−元麻布のビル屋上で収穫祭(六本木経済新聞)
松屋銀座、屋上菜園で秋野菜の種・苗植え式−銀座グリーンプロジェクト(銀座経済新聞

安心食材をお届け 大地を守る会のお試し野菜セット送料無料で1,290円から



posted by あゆた at 10:15| 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。