RSS取得

2008年11月13日

大河ドラマ「篤姫」の再現建築を学ぶワークショップ−東工大「サイエンスカフェ」

11月13日1時12分配信 自由が丘経済新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081113-00000000-hsk_jg-l13



 東京工業大学百年記念館(目黒区大岡山2、TEL 03-5734-3340)は、11月20日に開催するワークショップ「サイエンスカフェ2008 『篤姫、江戸城、大奥』」の参加者を募集している。

 「サイエンスカフェ」は、同大学の研究内容を学外の人にも広く知ってもらいたいと毎回異なるテーマで定期開催されているもので、今回で4回目。「理系だけでなく人文社会系の研究分野にも科学的に迫りたい」との思いから「サイエンス−」と名付けている。

 今回は、NHK大河ドラマ「篤姫」で登場した江戸城大奥の舞台装置をテーマに、大河ドラマの建築考証を長年担当している同大学名誉教授・昭和女子大学特任教授の平井聖教授が再現建築の世界について語る。

 ドラマの中で篤姫が夫・将軍家定と五目並べをしていた寝室「御小座敷(おこざしき)」について、平井教授は「テレビの『御小座敷』は、篤姫時代の『御小座敷』そのままではありません。大奥を建てるときに大工が作った本物の図面を見ながら、どこが違うのか皆さんと考えてみたい」と話す。建築図面などの資料映像も紹介する予定。

 同大学百年記念館担当の阿児雄之さんは、「サイエンスカフェは一般的な講演会とは異なり、講師の方と身近に対話を楽しめるのが魅力。『あの場面ではどのような舞台装置になっていたのか?』など、皆さんからの質問に平井教授がお答えする時間も設けたい」とも。

 参加申し込みは、名前・連絡先を明記の上、メール(centcafe@jim.titech.ac.jp)またはFAX(03-5734-3348)で受け付ける。定員は60人。締切りは11月19日(定員になり次第、受け付け終了)。

【関連記事】
東工大で光エレクトロニクス展−実験や展示で先端技術を紹介(自由が丘経済新聞)
湯島天神で恒例「菊まつり」−二千本展示、見ごろは例年より早めに(上野経済新聞)
戦国武将グッズ専門店「もののふ」、新宿3丁目に初のリアル店舗(新宿経済新聞)
東京工業大学 百年記念館





posted by あゆた at 07:23| 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。