RSS取得

2008年10月16日

<NY株>急落はFRB議長の不用意発言…市場に批判の声

11月7日(金)公開【X‐ファイル:真実を求めて】全国TOHO系ロードショー

★☆中学受験 住むのはココ!☆★

3000万円台 都内人気エリアの新築戸建て特集


10月16日20時36分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081016-00000117-mai-brf



 株価が暴落した15日のニューヨーク株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長の講演直後に株安が加速した。市場では「不用意な発言が投資家心理に冷や水を浴びせた」との批判が高まっている。

 バーナンキ議長は15日正午過ぎ、ニューヨークでの講演で「金融市場が安定したとしても景気回復には時間がかかる」と発言した。直前までは前日比300ドル安程度だったダウ工業株30種平均は、議長の発言が伝えられると、売りが殺到。下げ幅を400ドル以上拡大し、終値は前日比733ドル安と史上2番目の下げ幅となった。

 議長発言の趣旨は「金融不安が解消しても、実体経済がダメージを受けており、景気停滞は長引く」という内容。この日朝に発表された9月の米小売売上高が悪化し、景気後退への警戒感が市場に広がっていただけに、「金融当局トップの発言で裏付けられた」と市場の不安に拍車をかける結果となった。

 バーナンキ議長は7日も「米国の経済見通しは悪化した」と発言し、同日の株価は500ドル超暴落した。東短リサーチの加藤出氏は「学者出身だけに、何でも正直に話すのが最善だと思っている。グリーンスパン前議長なら、オブラートに包みながらもっと上手に市場と対話しただろう」と指摘。金融危機が深刻化する中、評論家風の発言が今後も続けば、議長としての資質を問われかねない。【斉藤望】

【関連ニュース】
NY株:急落し733ドル安で終了 史上2番目の下げ幅
NY株:一時310ドル以上下げ、再び9千ドル割る
NY株:急反発936ドル高、終値9387ドル
東証:暴落1000円安 一時8000円割れ目前
NY株:終値は8500ドル台 5年5カ月ぶりの安値



ラベル:FRB NY
posted by あゆた at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。