RSS取得

2008年10月14日

<金融対策>米政府が金融機関に約25兆円の資本注入

10月14日11時27分配信 毎日新聞


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000016-mai-bus_all





 【ワシントン斉藤信宏】米政府は13日、金融機関に2500億ドル(約25兆円)の公的資金による資本注入を柱とする金融危機対策をまとめた。14日朝、ブッシュ大統領が発表する。金融安定化法に基づき財務省が金融機関から優先株を買い取ることが柱になるが、銀行間取引への政府保証や預金保険の上限の一時的な撤廃も含まれる見通し。



 米メディアによると、資本注入の対象金融機関はJPモルガン・チェースなど大手9社のほか多数にのぼる。大手では、JPモルガンとバンク・オブ・アメリカ、シティグループの3社に各250億ドル(約2兆5000億円)のほか、ウェルズ・ファーゴに200〜250億ドル、モルガン・スタンレーとゴールドマン・サックスに各100億ドルを注入するという。



 米財務省や連邦準備制度理事会(FRB)など金融当局が計画を策定中で、無利子の銀行口座について預金保険の上限を一時的に撤廃するほか、銀行間融資の保証についても検討されている。



 ポールソン米財務長官は13日、JPモルガン・チェースやシティグループなど大手金融機関の経営トップを財務省に集めて緊急会合を開き、金融安定化法に基づく資本注入などの活用を促した。米メディアによると、ポールソン長官は会合で、「金融システム維持のため大手金融機関を破綻させない」との方針を盛り込んだG7の行動計画について説明、経営トップに理解を求めた。



 金融安定化法の運用責任者に就任したカシュカリ財務次官補は13日の講演で「証券化商品の購入うや公的資本注入を含む対策の策定を急いでいる」と表明。ブッシュ大統領も同日、イタリアのベルルスコーニ首相との共同記者会見で「先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の行動計画に沿った危機対策を急ぐ」と表明。公的資金注入を柱とする計画の策定が大詰めを迎えていることを明らかにした。



 【ことば】資本注入



 経営難に陥った金融機関に対し、当局が公的資金で金融機関の株式を取得し、資本の増強を図る措置。自己資本が増えることで経営の安定が増し、金融機関も企業などに融資しやすくなる。日本は金融危機が発生した98年に1.8兆円、99〜02年に8.6兆円の公的資金を大手行などに資本注入した。注入を受けた各行は、公的資金を返済するために、収益を拡大する経営健全化計画の策定を義務付けられ、役員報酬カットや店舗削減などのリストラを実施した。



【関連ニュース】

【関連特集】世界金融危機 サブプライム問題とリーマン破綻とは何だったのか


【関連図説】一から分かる世界金融危機


金融対策:日米欧がドル資金供給の上限を事実上撤廃


金融危機:自社株買い促進など緊急対策…政府・与党方針


麻生首相:追加経済対策の取りまとめ指示…補正上回る規模







ラベル:
posted by あゆた at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。