RSS取得

2008年10月07日

<退職金>5年で400万円下がった 厚労省調査

10月7日20時49分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000119-mai-soci

 厚生労働省は7日、大卒の退職金が前回調査(03年)から約400万円下がったなどとする08年就労条件総合調査結果を公表した。学歴別の調査で、それぞれ額が落ち込んでいた。また、退職金制度を持つ企業も1966年の調査開始以来2番目の低さとなった。サラリーマンの老後を支える退職金が目減りしている実態が明らかになった。【東海林智】

 退職金に関する調査は、ほぼ5年に1度実施している。全国の従業員30人以上の企業から抽出し、4047社から回答を得た。

 それによると、大卒(管理、事務、技術職)で勤続20年以上の退職金は平均2075万円で、前回より424万円減少した。97年の調査との比較では793万円減少した。勤続20年以上を5年ごとに区切った場合、25〜29年勤務が最も大きく下がり、前回から872万円減の1335万円となった。

 高卒(同)では471万減の1690万円、高卒(現業職)で188万円減の1159万円などいずれも前回調査より大きく下がった。

 退職金(一時金、年金)制度の有無の調査では、「有る」とした企業が85.3%(前年比1.4ポイント減)で、この項目を調べ始めた66年の82.8%に次ぐ低い数値となった。制度は93年の92%から、調査ごとに低くなっていた。

 一方、08年の定年制の調査によると、60歳とする企業は86%。63歳以上12.7%と65歳以上10%は過去最高。03年はそれぞれ60歳が89.2%、63歳以上で8.3%、65歳以上で6.9%。定年が伸びたことでその分生涯賃金も伸びている側面もある。

 退職金が低くなっていることについて厚労省は、企業が退職金に充てる資金の運用に苦しんでいることや、前回調査ではリストラなどによる早期退職で退職金の割り増しがあったこと、退職金の基準となる月収(所定内賃金)が好景気下でも下がっていることなどを原因として挙げている。

【関連ニュース】
メラミン:中国製乳製品を検査命令対象に…初検出で厚労省
赤旗投函:元厚労省課長補佐に有罪判決 東京地裁
フルキャスト:再び事業停止へ 厚労省処分中に新たに派遣
メラミン:初検出で輸入業者に迅速報告を指示…厚労省
中国メラミン禍:医薬品でも乳原料使用有無調査…厚労省



ラベル:退職金
posted by あゆた at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。