RSS取得

2008年10月07日

ノーベル物理学賞に日本人3人

10月7日19時25分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000572-san-soci

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2008年のノーベル物理学賞を高エネルギー加速器研究機構の小林誠名誉教授(64)と益川敏英京都大名誉教授(68)=京都産業大教授、米シカゴ大の南部陽一郎(87)の3氏に授与すると発表した。授賞理由は「小林・益川理論」と「対称性の自発的な破れ」による素粒子物理学への貢献。宇宙や物質の成り立ちにかかわる根源的な現象を解明し、素粒子物理学の基礎となる「標準理論」を構築した功績が評価された。日本人のノーベル賞は6年ぶりで、共同受賞は初めて。

【写真】笑顔満開! 会見に臨んだ益川敏英氏

 日本人のノーベル賞受賞者は2002年の小柴昌俊氏(物理学)、田中耕一氏(化学)以来。南部氏は福井県出身で米国籍。物理学賞は故湯川秀樹氏、故朝永振一郎氏、江崎玲於奈氏、小柴氏に続く受賞。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われ、3氏に賞金計1000万スウェーデンクローナ(約1億8000万円)が贈られる。

【関連記事】
・ ノーベル医学・生理学賞 HIVを発見 子宮頸がん仕組み解明
・ 大江健三郎さん、うっかり講演忘れる
・ コーラの殺精子効果研究など受賞 イグ・ノーベル賞
・ 「単細胞が迷路解く」受賞 イグ・ノーベルで中垣氏ら
・ 村上春樹氏に高い評価 英賭け屋のノーベル賞予想



ラベル:ノーベル賞
posted by あゆた at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。