RSS取得

2008年09月27日

<リーマン>東松山社福協議会が社債1億円保有 対応協議へ

9月27日11時35分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000037-mai-soci

 埼玉県東松山市の市社会福祉協議会(会長・坂本祐之輔市長)が破綻(はたん)した米証券大手・リーマン・ブラザーズの社債1億円を保有していることが27日分かった。元本保証はされているが、リーマンの破綻で焦げ付く可能性があり、市社協は10月1日の理事会で対応を協議する。

 市社協によると、資産運用のため、07年11月にリーマンの円建て社債(1年満期)1億円分を購入。資金には市から交付された地域福祉基金(3億6900万円)を充て、今年6月に第1回の利息47万円を受け取った。12月19日に残りの利息47万円と元本の1億円を受け取る予定だった。

 市社協は従来、この基金を普通預金などで運用していたが、証券会社から「格付けも高く、利率もいい」と勧誘され、購入したという。吉田隆夫事務局長は「少しでも利息を稼いで、事業費を増やしたかった。大企業なので安全だと思っていたが、市民に申し訳ない」と話している。【岸本悠】

【関連ニュース】
特集:リーマン破綻、サブプライム問題
クローズアップ2008:公的資金に批判、法案難航 米対応、正念場
野村HD:リーマン欧州部門の買収額は2ドル
投資資金:株式市場などから逃避…米金融危機が影響
米リーマン破綻:欧州・中東部門、野村の買収額2ドル



posted by あゆた at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。