RSS取得

2008年09月17日

AIG救済 9兆円融資承認 実質、米政府管理下に

9月17日16時4分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000101-san-bus_all

 【ワシントン=渡辺浩生】低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)関連の損失拡大で資金繰りに窮した米保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)を救済するため、米政府と米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、850億ドル(約9兆円)を融資すると発表した。米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)が示すように米当局は民間金融機関の救済に消極的だったが、巨大保険会社の経営危機は「世界の金融システムを揺るがしかねない」と方針を転換した。

 米政府に直接の監督権限がない保険会社に対する支援に踏み切ることについてFRBは声明で、「AIGの破綻(はたん)は深刻な水準にある金融市場の脆弱(ぜいじゃく)性を増すことになる」と指摘した。貸し出し期間は2年間で、AIGの全資産と子会社株式を担保とする。AIGは資産売却を通じて融資を返済していく。

 この融資と引き換えに、米政府はAIGの発行済み株式の79・9%を所有する権利も取得。AIGは事実上、金融当局の管理下で再建を図る。日本を含むAIGグループの保険契約者に影響はないという。

 AIGは、リーマンと同様、サブプライムローンに絡む金融商品やデリバティブ(金融派生商品)を大量に保有。巨額損失の発生で資本不足に陥った結果、リーマンの破綻(はたん)を引き金に集中的な売りを浴び、16日の株価は一時1・25ドルまで急落した。

 格付けの引き下げも相次いで資金繰りが悪化し、FRBに融資を要請。FRBは米財務省、監督権限を持つニューヨーク州当局と再建策の協議を続けていた。融資を得られない場合、AIGは17日にも破たんする可能性があった。

                   ◇

【用語解説】AIG

 ニューヨークに本社を置くアメリカン・インターナショナル・グループの略称で、世界最大級の保険会社。130以上の国・地域で事業を展開している。日本では生命保険のアリコジャパン、AIGエジソン生命、AIGスター生命、損害保険のAIU保険、アメリカンホーム保険などを保有している。従業員数は約11万6000人。

【関連記事】
・ 東京株、一時270円高 AIG救済策発表で反発
・ リーマン系2社再生法申請 負債は計7484億円
・ AIG支援か否か 米当局の協議大詰め
・ リーマンショック 露、金融危機の様相 オイルマネー投入検討
・ リーマン破綻でCEOへの書き込み似顔絵掲示板登場、1万ドルで売却



posted by あゆた at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。