RSS取得

2008年08月31日

タイの邦人殺害にみえる外こもり生活 海外都市ブラブラ 暮らし10万円以下

8月31日8時0分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080831-00000051-san-soci

 タイ中部で今月9日、首都バンコクに長期滞在していた棚橋貴秀さん(33)=岐阜県出身=の絞殺体が発見された。事件は、タイ警察が殺人容疑で日本人男性2人の逮捕状を取るなど日タイ両国で捜査中だ。なぜ、棚橋さんはバンコクで暮らし、凶行に倒れたのか。そこからは、若者の「引きこもり」「ニート」といった日本の社会状況を映した、『外こもり』という現象がみえてくる。(赤堀正卓、鎌田剛)

 ■著書出版

 殺害された棚橋さんは7月、安田誠のペンネームで『外こもりのススメ』(幻冬舎コミックス)を出版したばかりだった。

 著書によると「外こもり」とは「目的もなく海外の都市にこもってブラブラしている人」。言葉自体は5年ほど前からあったようだが、閉鎖空間で過ごす引きこもりと違い友人と騒いだりもする。著書では「ニートに近く『外ニート』ともいえる」としている。

 知人によると、棚橋さんは郵便局を10年前に退職。世界各地を放浪後、平成11年ごろバンコクで外こもりを始めた。著書では理由を「日本社会は居心地が悪い」と説明。「几帳面(きちょうめん)な人が多く、細かい指摘をされる。周囲と違う人は排除されがち。一度レールを外れると再出発が困難…」といったことを挙げている。

 物価が安いため生活費は月10万円以下。インターネットでの株式投資やFX(外為証拠金取引)などで捻出(ねんしゅつ)していたようだ。

 棚橋さんにとって出版は初体験。企画した丸山貴史さんによると、棚橋さんは出版の狙いを「社会に息苦しさを感じている引きこもりやニートに、『何カ月か日本を離れて外こもりをしてみるのもいい』と訴えたい」と話していた。

 ■情報交換

 タイ警察が逮捕状を取った日本人2人のうち、大阪府出身の男(30)は、棚橋さんの隣のマンションにいた外こもり仲間だ。

 知人らの話だと、当初は貿易業などで生活をしていたが業績が振るわず、定職を持たない外こもり状態になっていったようだ。棚橋さんとは2年前に知り合い、株式などの投資情報を交換する関係となった。

 外こもりの取材などを通じ2人と面識があるフリーライターの高島昌俊さんは「2人にトラブルの話はなかったが、男が棚橋さんの運用資産を知っていた可能性がある」と語る。

 資産をめぐる外こもり仲間の嫉妬(しっと)や確執が事件を起こした可能性もありそうだ。

 この男は、事件後に帰国。逮捕状が出ているもう1人の男(30)が、日本国内で棚橋さんの口座から約1000万円を引き出したとみられる。2人はいずれも日本の警察から事情を聴かれており、現在、岐阜県警がタイ警察と連絡をとって調べている。

 ■1万人…

 外こもりの姿を著書『日本を降りる若者たち』(講談社現代新書)で描いた旅行作家の下川裕治さんは、世界各地にこもる日本人を「バンコクを中心に約1万人」と推計する。

 棚橋さんも著書で、「日本の短期労働で稼ぎタイで使うことを繰り返す」「日本で転職を繰り返すがうまくいかず渡航」といった仲間を紹介。そこからは、求人倍率悪化、正社員になれない…などの労働環境が外こもりの一因であることがうかがえる。

 最近は世界的株価低迷やインフレなどで、外こもり環境が厳しくなっている。だが下川さんは「若者に厳しい現在の日本の雇用状況が続く限り、外こもりは減らない。今回の事件が外こもりだから起こったとは思わないが、図らずも外こもりが注目されることになった」と指摘している。

【関連記事】
・ 邦人の男2人に逮捕状 タイ警察 75万円引き出される
・ バンコクで邦人男性が行方不明
・ ひきこもり“予備軍”16万人 都の調査で
・ 引きこもり克服 広がる声楽療法 医学的な検証も着々と進む
・ “高齢化”するひきこもり、40代以上も 都への相談で判明



posted by あゆた at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。