RSS取得

2008年08月27日

【教育】就職有利? 観光系大学の定員急増

8月27日8時0分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000101-san-soci

 ホテルでの接客や海外旅行の添乗など「観光」に関連する人材の育成を掲げる大学が増え、来年4月には40校、入学総定員で4000人を突破する見通しだ。日本を訪れる外国人観光客を1000万人まで増やすと、政府が観光に力を入れ始めたことから、就職に有利との読みも“観光教育熱”の背景にありそうだ。

 文部科学省のまとめでは、今年4月時点で「観光」「ツーリズム」「ホスピタリティー(もてなしの心)」などを学部や学科の名前に使ったのは37大学40学科。定員は計3900人と10年前の6倍に急増した。

 来年4月には、亜細亜大(東京都武蔵野市)など首都圏の3大学が、観光関連学科を開設する計画。いずれも文科省に届け出るなどしており、実現すれば40大学で計4247人に膨らむ。

 急増の背景には「観光立国」の実現に向けた政府の取り組みがある。

 政府は平成15年4月、海外に出掛ける日本人に比べ、日本を訪れる外国人が少ないとして外国人観光客を「22年には1000万人」にする「ビジット・ジャパン・キャンペーン」を開始。外国人観光客数は15年の521万人から、19年には835万人と右肩上がりで増えている。

 さらに19年6月には観光立国推進基本計画を決定、国内の観光旅行消費額を17年度の24兆円から5年間で30兆円に引き上げるなど新たな目標も掲げた。今年10月には観光庁も発足する。

 国土交通省は「これらが実現すれば、観光産業の活性化が見込め、専門的な知識や高い技術を持つ人材への需要が増える」と予想している。

 大学側にとっては、就職の実績が良ければ、受験生の人気は高くなる。

 来年の新設を計画する秀明大(千葉県八千代市)は「1年間の英国留学で語学力を磨く」、松蔭大(神奈川県厚木市)は「観光地を抱える県内の自治体と連携し町おこしを研究する」など、ホテルや旅行会社で即戦力となる人材の育成に力を入れる考えだ。

 一方、国交省の調べでは、16〜18年度に観光関連学部を卒業した約4200人のうち、旅行業や宿泊施設、旅客鉄道などに就職したのは約23%となっている。

 国内の旅行会社と宿泊施設の従業員数は約18万人。国交省は就職者の数を増やす余地はあるとして、学生が旅行業界で就業体験するインターンシップの受け入れを企業側に求めている。ただ、企業側からは「知識は入社後でも身につく。採用は人物本位で出身学部は関係ない」(大手旅行会社)と冷めた見方もある。

【関連記事】
・ 大学に「観光」教育熱 入学定員10年で6倍、4000人突破
・ スポーツ・健康学部新設相次ぐ 体育教師像にも変化
・ ブームだったのに… 「バイオポスドク」に受難の季節
・ 大学に「観光」教育熱 入学定員10年で6倍、4000人突破
・ 誰でも簡単に外国人と会話 多言語自動翻訳ソフトウェア



ラベル:大学
posted by あゆた at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。