RSS取得

2008年08月17日

土佐、痛み止め打ち強行出場/マラソン

http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080817-00000018-sanspo-spo


 注目の女子マラソンは17日午前7時30分(日本時間同8時30分)、号砲を迎える。5大会連続のメダルがかかる日本は、アテネ五輪5位入賞の土佐礼子(32)=三井住友海上=と、初出場の中村友梨香(22)=天満屋=が出場。前回アテネ五輪の女王、野口みずき(30)=シスメックス=の故障欠場で不安がささやかれる中、2人はメダルに向けて北京をひた走る。

 最後に愛は勝つ。土佐がアスリートとして妻として北京を駆け抜ける。

 「今までやってきた自分の全力を出せるよう、最後まで粘ってゴールしたい」。15日の記者会見で抱負を語った土佐。レース前日の16日は、北京郊外のゴルフ場周辺で1時間弱のランニングを行い、本番に備えた。

 フルマラソンは、気温30度以上の悪条件下、銅メダルを獲得した昨夏の大阪世界陸上以来。「レース当日も悪条件になってほしい」と切望するように、逆境でこそ力を発揮するタイプだ。右足外反母趾の影響が不安視されるが、痛み止めを打って強行出場する。

 強い味方もついている。アテネ五輪後に結婚した夫の村井啓一氏(34)が「なるべく沿道で応援したい」と全面サポートを約束した。結婚後は妻が東京で、夫が愛媛・松山での別居暮らし。昨年、松山市内に新居が完成し、北京五輪後にはようやく同居生活をスタートさせる予定だ。

 当日の天気予報は最高気温28度(最低気温16度)、湿度55%。愛を味方に、土佐が“終着駅”に笑顔でたどりつく。

【関連記事】
・ 【号砲】日本勢3連覇目指し 土佐、中村スタート 女子マラソン
・ 土佐、野口の「気持ちが分かる」 女子マラソン
・ 土佐「重圧ない」、中村「故障なく順調」 女子マラソン陣会見
・ 土佐「いい区切り」 北京がラストランか
・ ラドクリフら世界10傑中5人が出場 女子マラソン


ラベル:オリンピック
posted by あゆた at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。